獣医療
犬と猫の膀胱炎の違い

トップ画像は2枚とも犬の膀胱結石のレントゲン写真です。犬も猫も膀胱炎になります。女性の方はご自身や周囲の方で膀胱炎を患っている方もいらっしゃることがあり、ヒトの膀胱炎をそのまま動物に当てはめてかんがえていらっしゃることが […]

続きを読む
獣医療
犬の心臓病初期にできること

小型犬で最も一般的な心臓病は僧帽弁閉鎖不全症です。心臓の弁に粘液腫のような変性が生じることで弁が完全に閉じなくなってしまい、徐々に心臓の機能が落ちていきます。弁が閉まらなくなることが原因なので、根治的治療は心臓外科手術で […]

続きを読む
その他
ドクターズダイエット 避妊・去勢後用
フードプレゼント

犬や猫に不妊手術(雄:去勢手術 雌:避妊手術)を行うことには様々なメリットがありますが、デメリットとしては「太りやすくなることが多い」ということが有名です。そこで、フードメーカー各社から「避妊・去勢後用」と 謳うフードが […]

続きを読む
その他
良質なフードやおやつを与えましょう

当院をご利用いただいているわんちゃんは、地域性もあって小型犬が多いです。同じ量の毒物に曝露された場合、体の小さい動物の場合は体重あたりの量が多くなりますので影響を受けやすくなります。ちょっと古い報告ではありますが、中国産 […]

続きを読む
その他
猫の痛み判定AI

おもしろいですねー!ぽんちゃんをAI判定にかけてみました。まだ0歳ですからね。そりゃあ慢性痛なんてありません。無料ですのでどうぞお試しください。https://cpd.carelogy-japan.com/index/j […]

続きを読む
獣医療
尿中に細菌がいる≠抗生剤使用

近年、安易な抗生剤の使用はやめましょうということがかなり定着してきたと思います。昔はヒトの病院でも風邪で抗生剤処方が当たり前でしたね。今は安易に処方されません。ウィルス性だったら効果がありません。効果がないだけで害がない […]

続きを読む
獣医療
非定型アジソン病

今回は飼い主様からお問い合わせをいただいた病気に関して書いてみようと思います。 「非定型アジソン」と呼ばれる病気は、「電解質異常を伴わない副腎機能不全」という意味です。定型アジソンでは電解質異常がメインの病態で、鉱質コル […]

続きを読む
獣医療
Dermoscent(デルモセント)スキンケア製品

こんにちは。原です。当院は皮膚科専門医の伊從先生が主催するFINAL ANSWER ACADEMYの認定動物病院となっております。今までなかなか改善しなかった犬アトピー性皮膚炎でも、当院での治療により短期間での症状改善と […]

続きを読む
獣医療
フィラリア抗原検査から予防薬内服までは
最長でも1か月

当院では、春の混雑を避けたい方には冬場の閑散期にフィラリア抗原検査を行い、通年予防を行うことを推奨しておりますが、千葉県でのフィラリア予防薬の投与は、基本的には5月からで問題ありません。わんちゃんがフィラリア症になるには […]

続きを読む
獣医療
猫の慢性腎臓病 最近のトピック

国内でも海外でも、猫の腎性貧血治療薬の新薬が登場しています。 腎臓は尿から老廃物を排泄するだけでなく、造血作用にも関わっています。腎臓から造血ホルモンであるエリスロポエチンが分泌されなくなると貧血になってしまいます。腎性 […]

続きを読む